MENU

車内を綺麗にするためにヤニ取りを試みた体験について

私は喫煙の習慣がありますが、特に車を運転している間は常に煙草を吸っているので車内にヤニがこびり付いて不潔な状態になっていました。

 

特に窓の内側にヤニが付くと曇りが生じやすく、気温が下がると視界が狭くなってしまい危険な状態になってしまうこともありました。
こびり付いたヤニから生じる悪臭で不快感を覚えることもある他、エアコンに汚れが詰まって風が出なくなっていました

 

そのため、車内の掃除を行う際にヤニ取りも一緒に行うことにしました。

 

ヤニ取りは擦った跡が残らないように専用の洗剤を使って短時間で済ませる必要があるので、事前に洗剤や清潔なタオルを用意するように心がけました。

 

また、水を含ませてヤニを浮かせることもヤニ取りを綺麗に行う工夫なので、車内の水拭きもこまめに行いました。

 

その結果、跡が残らずに綺麗に汚れを取り除くことが出来ました。

 

エアコンの内部に詰まった汚れも専用の器具を使って取り除くことが出来ましたが、溜まった汚れを捨てる際には悪臭の拡散を防ぐために袋に密封する必要がありました。

 

現在でも車内の掃除を行う際はヤニも一緒に除去するように努めていますが、同時に車内での喫煙を控え、走行中は換気を行うなど汚れが籠らないように気を配っています。
特にエアコンの詰まりは車の故障にも繋がるので定期的に点検を行い、異常が生じていた場合は速やかに修理をお願いするように心がけ、常に快適な状態を保つように努めています。"