MENU

簡単にできる壁についたヤニ取り

タバコのヤニせいで壁や天井などが黄色くなってしまい、何より悪臭がひどく自分が気づかなくても家を訪れた人はすぐいに気づいてしまいます。

 

そこで、壁や天井についた煙草のヤニを簡単に取る方法をお教えします。

 

ヤニ取りと言っても方法はたくさんあります。
業者を呼んで隅から隅まで綺麗にするのもいいのですが、それだとかなり費用がかかります。

 

そこで登場するのは「重曹」です。

 

ヤニというのは主に煙草の中に含まれているタールというものです。
このタールと言うものは油分なので、アルカリ性の重曹を使うことによって、簡単に落とすことができるのです。
やり方としては、重曹をカップ2ぐらいの水で薄め、スポンジなどに吸い込ませます。

 

そうしたら壁や天井などにスポンジを円を描くように磨いていきます。
しかしこの段階では、壁や天井についているヤニを浮かすことしか出来ていません。
このまま放っておくと、またヤニが壁や天井に戻ってしまい、意味がなくなってしまいます。

 

それを防ぐためにも濡れた雑巾やタオル、または霧吹きなどで水をかけてあげます。
そうすると浮き出たヤニが水とともに流れ、乾いたタオルなどで吹くことによって完全にヤニを落とす事ができます。
この方法以外にも、ヤニ取り専用の洗剤を使った方法やアルコールを使った方法、セスキ炭酸ソーダというものを使った方法などたくさんあります。

 

自分の家にあった方法で、壁や天井についたヤニを綺麗にしましょう。