MENU

車のヤニ取り掃除は4回に分けて行うようにしています

若いころからタバコを吸っているので、何度か禁煙を試みましたが成功せず今に至ります。
本数は昔に比べて減らしましたが、やはりストレスや仕事が忙しくなると自然と増えているので注意しています。

 

そんな中ヤニ取りの掃除は自分で行っていますが、特に車内のヤニ取り作業は重労働なので工夫して作業をしています。

 

車内は放置しておくとかなり汚れが染みついて凄い状態になるので、こまめに掃除はするようにしています。
方法としては一度に車内全部をやることは体力的に辛いので、4回に分けて行うように工夫しています。

 

方法としては1回目に運転席側の天井を掃除して、2回目が助手席側を行います。
3回目が運転席側の後部座席を掃除して、最後に助手席側の後部座席を掃除して終了です。
最初の頃は1日で全ての車内掃除を行っていましたが、次の日動けなくなるくらい体力を使うので今は無理をせずに分けて行うようにしています。

 

方法としてはネットでも紹介されているような単純な方法で、洗剤を湿らした雑巾で掃除してヤニ取りを行います。
最後には空拭きをして仕上げる感じです。

 

汚れが酷い時は洗剤で擦るとすぐに雑巾が黄色く汚れてしまい、バケツの水もすぐに凄い状態になります。
そのまま掃除を続けると汚れが天井にまた戻るので、こまめにバケツの水は交換しながら行います。

 

そのため1度にまとめての掃除よりも4回に分けても掃除の方が、自分では逆に効率が良いと考えています。

 

4回の掃除が終わるまでは車内天井は綺麗な箇所と汚れた箇所がくっきり分かれていますが、あまり気にしないようにしています。